0800-111-8899 営業時間 10:00~20:00、休診日 火曜日
ネット予約

マウスピース

MOUTH

当院のマウスピース治療では、歯ぎしり対策用の「ナイトガード」とスポーツ用「マウスガード」の製作が可能です。歯ぎしりの治療には健康保険の適用ができます。

このページでは、歯ぎしり用マウスピースやスポーツ用ナイトガードの効果やお渡しまでの流れなどを掲載しております。

歯ぎしり治療用マウスピース『ナイトガード』

歯ぎしり・食いしばりから歯や顎を守るためには、就寝時に上の歯に装着するマウスピース(ナイトガード)がおすすめです。

歯ぎしり・食いしばりとは?

日本の成人の約80%が歯ぎしりや食いしばりを経験していると言われています。しかし、自分で自覚して歯ぎしりをする人はほとんどいないでしょう。人に言われて初めて「自分には歯ぎしりをする癖がある」と認識します。

通常、人間の噛む力(咬合力)は体重と同じくらいの40㎏~70㎏と言われていますが、歯ぎしりによって歯や顎にかかる負担は300㎏以上にもなるとの研究結果もあります。

歯ぎしりや噛みしめなどが原因で継続的に歯や顎に強い力が加わり続けると、以下のような悪影響があります。

  • 知覚過敏や虫歯のリスクが高まる
  • 歯がすり減る/折れる
  • 詰め物や被せ物が取れる
  • 歯周病の悪化
  • 顎関節症への進行

特に顎関節症患者は現在増加傾向にあり、その一番の原因は歯ぎしりなのです。

また、歯ぎしりによる悪影響は口の中だけにとどまらず、

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 頭痛

など、全身に痛みを引き起こすこともあります。

本ページ下部には「歯ぎしりのセルフチェック」もありますので、少しでも気になるところがある方は早めに治療を受けるようにしましょう。

睡眠時の歯ぎしりブラキシズムの種類

睡眠時など無意識で行う歯ぎしりには3つの種類があり、これらを総称して「ブラキシズム」と呼びます。

グラインディング

上下の歯をギリギリとすり合わせる行動のことです。一般的に歯ぎしりと聞くとこのグラインディングを想像する方が多いでしょう。睡眠時などに自覚症状がなくグラインディングをしている方が多く、家族などに指摘されて初めて気づくことがあります。

クレンチング

歯を動かさずにギューっと噛み合わせる行為のことです。食いしばりと聞くとわかりやすいかもしれません。このクレンチングについても自覚症状がほとんどありません。また、他の人から見てもわからないことが多く、症状が悪化してしまうケースもあります。

タッピング

歯を上下にカチカチと小刻みに動かす行動のことです。
ブラキシズムの中には、ギリギリと音が出る歯ぎしりとは別に、音の出ない食いしばりや噛みしめなどもあるため症状の悪化に注意しなければいけません。

音の出ないTCH(歯列接触癖)にも要注意!

睡眠時に行うブラキシズムとは別に、覚醒時でも無意識の内に上下の歯を噛みしめてしまう「TCH(歯列接触癖)」と呼ばれる癖があります。このTCHは顎関節症患者に多くに見られる癖です。

通常、上の歯と下の歯は数ミリ程度開いています。しかし、TCHがある人は、何かに集中したり緊張したりすると上の歯と下の歯が触れた状態が続いてしまいます。

歯ぎしりや食いしばりのように上下の歯に力を入れて噛み合わせる状態ではなく、上下の歯が常に触れる状態が続くことでも、ブラキシズムと同じような症状が現れてしまいます。

歯ぎしりの主な原因

  • ストレス
  • 噛み合わせの影響
  • 睡眠の質
  • 飲酒や喫煙

など、様々な原因が考えられます。これらの歯ぎしりの原因の中でも「ストレス」と「噛み合わせの悪さ」が最も多い原因です。

子供の歯ぎしりに多い原因としては、乳歯から永久歯への生え変わりが影響していると考えられています。

歯ぎしりセルフチェック

  • 家族や恋人から歯ぎしりを指摘されたことがある
  • 集中や緊張したときに歯を噛みしめてしまうことがある
  • 朝起きた時に奥歯が痛むことがある
  • 朝起きた時に顎や頬の筋肉が張っていることがある
  • 歯が欠けたことがある
  • 詰め物や被せ物が欠けたり割れたりしたことがある
  • 歯がすり減っている
  • 頬の内側に線がある
  • 舌の周りが凸凹している
  • 歯がしみる
  • 慢性的に肩こりや腰痛、頭痛がある

3つ以上当てはまった方は、ブラキシズムやTCHの可能性があります。顎関節症になってしまう前にお気軽にご相談ください。

ナイトガードの効果

歯ぎしり・食いしばりから歯や顎を守るためには、就寝時に上の歯に装着するマウスピース(ナイトガード)がおすすめです。

ナイトガードを装着することにより歯や顎に加わる力を軽減することができるため、以下のような効果があります。

  • 歯のすり減りや折れを防止する
  • 詰め物や被せ物の破損を防ぐ
  • 歯列がずれることを防ぐ
  • 顎関節への負担軽減

この他にも、ナイトガードを装着することで噛み合わせが高くなり、肩こりや腰痛、頭痛が軽減される効果も期待できます。

スポーツ用マウスピース『マウスガード』

スポーツをする際のマウスガードの効果

マウスガードには、

  • 衝撃から歯を守る
  • 舌や唇、頬の怪我を防止する
  • 顎への衝撃を緩和する
  • 脳への衝撃や脳震盪を予防する

など、主に怪我を予防する効果があります。

アメリカの研究では、「マウスガードを装着してコンタクトスポーツをしている選手は、マウスガードを装着しない選手に比べて約22倍も口の怪我が少ない」という結果もあります。

また、怪我の予防の効果だけではなく、マウスガードを噛みしめることで、

  • 瞬発力の向上
  • 集中力の向上
  • 噛み合わせを安定させることで軸がブレにくい

などのパフォーマンスの向上効果も見込めることが最近の調査でわかっています。

マウスガード装着が義務化されているスポーツ

完全義務化のスポーツ

  • ボクシング
  • キックボクシング
  • 総合格闘技
  • テコンドー
  • アメリカンフットボール
  • ラクロス

一部義務化のスポーツ

  • アイスホッケー(U20)
  • フィールドホッケー
  • ラグビー(U13~U19)
  • 空手(組み手)
  • 水球

推奨されているスポーツ

  • バスケットボール
  • 野球
  • ソフトボール
  • サッカー
  • ハンドボール
  • バレーボール
  • テニス
  • 陸上競技
  • レスリング
  • ウェイトリフティング
  • 柔道

マウスピース製作の流れ

マウスピースが完成するまでの通院回数は、2回~3回となっております。歯ぎしり用マウスピース/スポーツ用マウスガードともにマウスピース完成までは同じ流れとなります。

診察・カウンセリング

一般的な診療と同じように、まずはお口の中の状態をチェックさせていただきます。

歯の型取り

患者様の歯の形にピッタリと合ったマウスピースを作成するために、上顎全体の型を取らせていただきます。1回目の診療は、この歯型取りまでとなります。

マウスピース作成

歯型を元に熟練の歯科技工士がマウスピースを作成いたします。作成期間は約2週間となります。

マウスピース装着&調整

マウスピースが完成しましたら、2回目の診察を受けていただきます。マウスピースを装着していただき、必要であれば調整を行い、お渡しとなります。

マウスピースQ&A

マウスピースは保険適用できる?
歯ぎしり用マウスピースの製作には健康保険が適用されます。スポーツ用のマウスガードは、自由診療となります。
市販のマウスピースと何が違うの?
市販のマウスピースでは全く効果がでないというわけではありませんが、症状を悪化させてしまう危険性も考えられます。歯医者のマウスピースには保険が適用されるため比較的安く作成することもできるので、近くの歯医者さんで作ってもらいましょう。

マウスピースの作成ならオーシャンズデンタルクリニックへ

当歯科医院では、オーダーメイドのマウスピースを保険適用で製作することができます。

歯ぎしり用のナイトガード・スポーツ用のマウスガードの作成なら、東戸塚のオーシャンズデンタルクリニックにお任せください。
どんなに小さいことでもご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。