0800-111-8899 営業時間 10:00~20:00、休診日 火曜日
ネット予約

プロによる歯のクリーニング「PMTC」

PMTC

歯医者さんによる歯のクリーニング「PMTC」には、歯周病や虫歯などの予防効果だけでなく、口臭の改善や歯に綺麗なツヤを取り戻すなど、見た目にもうれしい効果がたくさんあります。お口のメンテナンスとして行われている歯のクリーニングについて、その効果や治療の流れ、PMTCと保険診療クリーニングとの違いなどを本ページでご紹介します。

歯のクリーニング(PMTC)と予防歯科

歯のクリーニングと予防歯科

自宅で行う歯磨きで落ちる汚れはたったの6割と言われております。

お口の中に残った4割の汚れは、食後4~8時間で歯垢となりそのまま歯にくっついていると、食後48時間からバイオフィルムと呼ばれる細菌のバリアを作り歯石となってがっちりと歯に固着します。これがじょじょに蓄積されていき、口臭や歯周病の原因となるのです。

このような頑固な汚れを「歯医者さんでキレイにお掃除するのこと」をPMTC(ピーエムティーシー)と言います。このPMTCは、”Professional Mechanical Tooth Cleaning”の頭文字を取った言葉で日本語では「プロによる専用の道具を使った歯のお掃除」という意味です。

当歯科医院では、お口の健康管理のプロフェッショナルである熟練の歯科衛生士が時間をかけて丁寧にクリーニングを行うため、「痛くなくエステ感覚で受けることができる」とご好評をいただいております。

PMTCの5つの効果と除去できる汚れ

PMTCでは、超音波スケーラーや数種類のラバーカップなど、さまざまな道具やペーストを使用することで以下のような汚れを綺麗に除去します。

  • 歯垢(プラーク):食後4~8時間でできる細菌の塊
  • 歯石やバイオフィルム:歯垢が2日ほど放置されて固まったもの
  • 着色汚れ(ステイン):コーヒーや紅茶、ワインなどの色素が沈着したもの
  • ヤニ汚れ:喫煙(タバコ)によるヤニ

これらの汚れをくまなくクリーニングすることで得られる効果は主に5つです。

PMTCの効果①:虫歯予防

歯磨きでは落とせなかった食べカスや汚れに細菌が増殖することで歯垢(プラーク)となります。さらに、歯垢はバイオフィルムという細菌の膜を作り歯磨きでは落とすことができなくなります。歯医者によるクリーニングでは、これらをを取り除くことができるため虫歯を防ぐ効果があります。

PMTCの効果②:口臭改善

口臭の主な原因は、虫歯の原因である歯垢が発酵し臭いガスを発するためです。歯垢を隅々まで丁寧に取り除くことで口臭の予防/改善に効果があります。

PMTCの効果③:歯周病予防/改善

歯と歯茎の間にある歯周ポケットは、歯垢や歯石が溜まりやすく歯ブラシも届きにくい場所です。歯周ポケットの歯垢や歯石を除去することで歯周病の予防・改善の効果があります。

PMTCの効果④:歯の白さとツヤを取り戻す

タバコのヤニ汚れやコーヒー・紅茶やワインなどの着色汚れを取り除き、本来の歯の白さに戻します。さらに、数種類のペーストやジェルを使用して丁寧に歯の表面を研磨することで、歯の表面に綺麗なツヤが出ます。

PMTCの効果⑤:歯質を強化する

仕上げにフッ素を塗布することで、歯の再石灰化を促進する効果があります。歯の表面を丁寧にお掃除してから、フッ素を塗ることでより効果的に歯質を強化できます。

保険適用と自費診療のクリーニングの違い

歯のクリーニングには、保険診療と自由診療(自費)の2種類のクリーニングがあります。これらの違いは、何の目的で歯をクリーニングするのか?というところにあります。

  • 治療目的なら保険適用クリーニング
  • 予防や審美目的なら自由診療クリーニング(PMTC)

となっております。
さらに、通院回数やクリーニングの流れや内容にも大きな違いがあります。

  適応範囲 施術時間
保険診療のクリーニング 歯周病や虫歯などの診断がないと受けることができない。 1回10~15分の短い時間を数回に分けて行う。事前検査も必要となるため通院回数が最低2回と多くなる。
自由診療のクリーニング(PMTC) 誰でもすぐに受けることができる。治療目的はもちろん、予防目的や審美目的でもOK 施術に時間をかけて丁寧に行うことができるため、何度も通院する必要がない。

歯のクリーニング(PMTC)の流れ

問診・カウンセリング

まずは、簡単な問診とカウンセリングを行います。

染め出し・ブラッシング指導

染め出し-歯のクリーニングの流れ

必要に応じて、染め出し液を使用して日ごろの歯磨きの状況を確認していただきます。歯垢だけが紫色に変色するため、磨き残しをしやすい部分がどこなのか?がよくわかります。これをもとに正しいブラッシングのやり方を指導させていただきます。

歯垢や歯石の除去

スケーリング-歯のクリーニングの流れ

超音波スケーラーと呼ばれる歯石取り専用の機材を使用して、虫歯や歯周病の原因となる歯石や歯垢を除去していきます。保険適用クリーニングは、この歯石除去がメインとなり以下の磨き上げや研磨は行いません。

歯の磨き上げ

PMTC-歯のクリーニングの流れ

ここからがPMTCのメインとなる歯の磨き上げを行っていきます。歯の凹凸に合わせて数種類ものラバーチップやペーストを使用して隅々まで丁寧にお掃除します。歯に接する部分は柔らかい素材で、施術中に眠ってしまう方もいるほど心地の良い感触です。

歯の研磨

歯の研磨-歯のクリーニングの流れ

付着した汚れを綺麗に取り除いた後は、歯の表面が凸凹しています。この状態のままでは歯垢や歯石が付きやすくなってしまいますので、歯の表面に小さな粒子を吹き付け歯をツルツルに研磨していきます。

歯のトリートメント

フッ素の塗布-歯のクリーニングの流れ

最後に、歯のトリートメントとしてフッ素を塗布していきます。これにより歯質が強化され虫歯になりにくい健康でキレイな歯に仕上がります。

よくある質問Q&A

タバコのヤニ取りはできますか?
はい。喫煙によるヤニ汚れも歯のクリーニングで綺麗に落とすことができます。
口臭って歯周病が原因?
口臭の原因の90%以上は、歯周病や虫歯などお口の中に原因があります。口臭が気になり始めた方は、まずは近くの歯医者で歯のクリーニングを受けると良いでしょう。
歯のクリーニング(PMTC)で医療費控除を受けることは出来る?
虫歯・歯周病などの治療目的でPMTCを受診された方は、医療費控除が適用されるでしょう。
ホワイトニングとクリーニングは何が違うの?
歯のクリーニングは歯の表面に付いて歯石や茶シブ、タバコのヤニなどによって付いた汚れを落として、綺麗に研磨をすることです。
ホワイトニングは、歯の表面の汚れを落とすだけでなく、歯の表面に薬剤を塗って歯の内側に染み込んだ着色を漂白することです。

健康でキレイな歯を維持するために

当歯科医院で受けることができる歯のクリーニングについてご紹介させていただきました。

近年、仕上がりの良さや通院回数の少なさなどのメリットから、自費診療の歯のクリーニング(PMTC)を選ぶ人は、増える傾向にあります。この機会に是非一度、東戸塚オーシャンズデンタルクリニックまでお気軽にご相談ください。