0800-111-8899 営業時間 10:00~20:00、休診日 火曜日
ネット予約

入れ歯・義歯

GISHI

横浜市東戸塚にあるミラクルデンチャー取扱い歯科医院です。このページでは、入れ歯の種類や完成までの流れ、入れ歯とブリッジやインプラントとの違いなど、当院の入れ歯治療についてご紹介いたします。

入れ歯・ブリッジ・インプラントの違い。どっちを選ぶべき?

入れ歯 ブリッジ インプラント
特徴 部分入れ歯失った歯の両側に残された歯にフックをかけて装着する義歯です。 ブリッジ名前の通り、失った歯の両側に残された歯に橋(ブリッジ)をかけるように装着する義歯です。 インプラント失った歯の根の代わりにインプラントを差し込み、人工歯をはめ込む義歯です。
メリット ・保険適応内の義歯は比較的安価
・治療回数や期間が比較的短い
・取り外し式でない
・保険適応内であれば治療費が比較的安価
・噛む感触が自分の歯と近い
・ブリッジのように隣の歯を削る必要がない。
・口の中の違和感がない。
・残っている歯に対する負担が少ない。
デメリット ・取り外しが面倒
・噛む力が弱い
・バネをかけた歯に負担がかかる
・隣の歯をたくさん削る
・支える歯の負担が大きい
・たくさんの歯がなかったり奥に支える歯が無いとできない
・保険適応外のため治療費が比較的高額
・治療期間が長め
治療方法 歯肉の型を取った後、固定化された歯と歯列で作られる 健康な隣接歯を削り、抜けた部分の歯1つを中心に人口歯の固まりを作り、歯が抜けた部分を埋める 抜けた歯の位置に人工歯根(インプラント)を埋め込む手術。
治療期間と寿命 1ヶ月~3ヶ月で製作可能。3年~4年周期に修理・交換が必要。 1ヶ月以下で治療できる。5年~10年周期に交換が必要。 3ヶ月~6ヶ月程度で治療ができる。定期的にメンテナンスを受けることで半永久的に使用できる。
費用 保険適用範囲であれば安い インプラントに比べ安い 初期費用が高いが寿命が長いため経済的

入れ歯素材の種類

プラスチック製入れ歯

入れ歯の土台をレジンプラスチック製で歯茎の色に近いピンク色に作ることができますが、強度を持たせるためにある程度の厚みが必要となります。健康保険を適用できる入れ歯です。

保険適用入れ歯
  • 噛みやすさ★★
  • 耐久性★★★
  • 見た目
  • 装着感★★
  • 価格★★★★★

プラスチック製入れ歯のメリット&デメリット

メリットとしては、健康保険が適用できるため「初期費用が安い」ことです。

デメリットとしては、入れ歯が厚くてしゃべりにくい・バネが目立つ・汚れやすいなどがあります。

とにかく「噛めればよい」「安く抑えたい」という方にオススメです。

ミラクルデンチャー

ノンクラスプデンチャーの欠点である「修理が難しい」という点を改善した入れ歯が、このミラクルデンチャーです。

当院は、ミラクルデンチャーを製作できる歯医者です。

ミラクルデンチャー(写真)
  • 噛みやすさ★★★★
  • 耐久性★★★★
  • 見た目★★★★★
  • 装着感★★★★★
  • 価格★★

ミラクルデンチャーのメリット&デメリット

  • ミラクルショットよりもさらに自然な見た目
  • 修理がしやすい
  • 薄くて軽い
  • 食事を楽しめる
  • しゃべりやすくなる

など、様々なメリットがありますが、高度な設計と技術が必要なため

  • 作れる歯医者が少ない
  • 自費診療である

というデメリットがあります。

入れ歯で後悔したくない」という方には、当院が自信を持ってミラクルデンチャーをお勧めします。

ノンクラスプデンチャー(エステショット)

残っている歯にひっかける部分(バネ)がない入れ歯です。ノンクラスプデンチャー(スマイルデンチャー)と呼ばれています。

ノンクラスプデンチャー(エステショット)
  • 噛みやすさ★★★★
  • 耐久性★★★
  • 見た目★★★★
  • 装着感★★★★
  • 価格★★

ノンクラスプデンチャー(エステショット)のメリット&デメリット

  • 笑っても目立たない
  • 薄くて軽い

などのメリットがあります。審美性・機能性のどちらをとっても保険適用の入れ歯より優れています。

ただし、

  • 5年ほどでゆるくなることがある
  • 歯を増やす(増歯)などの修理が困難

などのデメリットがありますが、外からは見えない部分に金属を使用することで強度を確保することもできます。

とにかく「見た目や装着感に違和感がない入れ歯がいい!」という方にオススメです。

金属床義歯

土台を金属にすることで薄い入れ歯を作ることができます。素材は、コバルトクロムやゴールド、チタンなどから選ぶことができます。ミラクルデンチャーなどにも、この金属床を使用することもできます。

金属床義歯(写真)
  • 噛みやすさ★★★★
  • 耐久性★★★★
  • 見た目★★★★★
  • 装着感★★★★
  • 価格★★

金属床義歯入れ歯のメリット&デメリット

金属床義歯は自由診療であるというデメリットがありますが、入れ歯の土台を硬い金属で作ることで、

  • 丈夫で壊れにくい
  • 噛む力が強い
  • 安定感がある
  • 入れ歯を薄くできる
  • 食べ物の温度がよく伝わる

などのメリットが得られます。

「入れ歯でも食事を楽しみたい!」という方には、金属床義歯がおすすめです。

保険適用の入れ歯でも大丈夫?

日本の保険制度では「ある程度は噛める入れ歯」が健康保険適用入れ歯の限界です。

というのも、「健康目的における最低限の治療」でなければ、健康保険を適用できないからです。この条件が適用される入れ歯には「材料」や「手間」に厳しい制限がかけられているからです。

入れ歯の「材料」についてはご説明をいたしましたが、「手間」の制限が保険入れ歯と自費入れ歯の最も大きな違いとなります。

自由診療入れ歯保険適用入れ歯
装着感・噛みやすさ 強度の高い素材で本体を薄く作ることができるため、違和感が少なく装着感が良い。丈夫なため長持ちする。 強度を確保するために、3㎜以上の厚みが必要であり、違和感が大きく食べ物の温度が伝わりにくい。壊れやすい。バネがかかる歯への負担が大きい。
発音・しゃべりやすさ 本体部分を薄く作製するため、自然に近い形態になり、舌の動きが義歯に邪魔されることが少なく、発音しやすい。 義歯が厚いため、舌の動きが邪魔されて、上手に話が出来るようになるまでに時間がかかる。お口の中が狭くなる。
審美性・見た目 自由設計であるため、部分義歯で作製する場合にはバネが目ただないように工夫する事も可能。ノンクラスプデンチャーは金属バネを使わない。 部分入れ歯においては前歯においても金属バネが目立つ。
味覚 食べ物の温度が伝わり易いので、本来の食品の味に近くなり、美味しく食事を楽しむことができる(金属床の場合)。 大部分が厚いプラスチックで覆われるために、食べ物の温度が分かりにくい。そのため食品の本来の味が変化しやすい。
清潔さ 汚れや臭いが付きにくく衛生的である。 汚れや臭いがつきやすい。
  • 目立ちにくい入れ歯がいい!
  • 好きなものを美味しく食べたい!
  • 違和感なくおしゃべりを楽しみたい!

などのご希望がある方は、、保険適用外の入れ歯をおすすめします。

入れ歯ができるまでの流れ

完成までの日数は、入れ歯に使う素材やその組み合わせ、混雑状況などにより変動します。

問診/カウンセリング

まずは、通常の歯科治療を同じように問診票のご記入をお願いします。
ご希望の入れ歯素材などがございましたら、カウンセリング時にお申しつけください。ゆっくりご相談の乗らせていただきます。

検査/歯の型取り

歯型取り-入れ歯製作の流れ

お口の中をチェックし、問題がなければ歯型を取ります。必要に応じてレントゲン撮影などの検査をしていただく場合もございます。

虫歯や歯周病などがあった場合は、まずはこの治療を行います。

入れ歯作成

入れ歯の製作

歯列だけでなく、あごの形や動き/噛み合わせまで精密に計測し、模型を作成します。

検査結果や模型をもとに歯科技工士が入れ歯を作成します。

修理/メンテナンス

入れ歯を長く快適に使うには、メンテナンスが欠かせません。

入れ歯・義歯ならオーシャンズデンタルクリニックへ

入れ歯には非常にたくさんの種類があり、どれを選べば良いのか判断が難しいでしょう。

東戸塚オーシャンズデンタルクリニックにお越しいただければ、患者様それぞれのご要望・お口に合った入れ歯治療をご提案いたします。